PHOTOニュース

豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)


タマネギの収穫作業を進める農家=22日、市内藤井 (2022/06/23)

>>過去記事一覧
NOSAI柏崎支所が事務所移転へ

 市内駅前二にある中越農業共済組合(NOSAI中越)柏崎支所(小林富一支所長)が曽地の旧中通中跡地に移転することになり、30日に現地で新しい事務所建設の安全祈願祭が行われた。完成は来年3月中旬。4月から新事務所で業務を開始する。

 現在の事務所は昭和41年に県信用農業協同組合連合会の事務所として建てられた。55年に県信連が長岡に統合され、施設は市に売却。同年、道路拡幅で移転することになった柏崎市農業共済組合が鏡町から賃貸契約で入居。現在は柏崎地域土地開発公社の所有となっている。

 しかし長年の使用で老朽化が進んだ上に駐車場がないこと、損害査定のための実測業務(脱穀・調整)でもみ殻が飛散して周辺に迷惑をかけてきたこと、法の改正で共済金支払いの対象となる被害が拡大され、より実測作業が増えることなどから、移転を決めた。

 土地は市から旧中通中跡地2000平方メートルの無償譲渡を受け、農家、関係する町村、機関・団体などの理解と協力、補助金を得ての新事務所建設。鉄骨一部2階建て、延べ床面積617.7平方メートル。1階が事務室、実測センターなど、2階が会議室となる。

 祈願祭には高橋俊郎・中越農業共済組合長ら組合関係者、西山町の三富利郎町長、三井田正昭・市経済部長らが出席し、工事の安全を願った。

(2000/10/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。