PHOTOニュース

豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)


タマネギの収穫作業を進める農家=22日、市内藤井 (2022/06/23)

>>過去記事一覧
県知事選が告示 11年ぶり三つどもえ戦

 21世紀最初の県政の担い手を選ぶ知事選挙が5日告示された。立候補したのは届け出順に、柏崎市出身、無所属で自民・民主・公明・社民・自由・保守の6党推薦の現職・平山征夫氏(56)、無所属新人で前新津市長・小林一三氏(64、同じく無所属新人で共産党推薦の新潟勤労者医療協会理事長・富樫昭次氏(69)の3人。受け付けは同日午後5時までだが、11年ぶりの3つどもえ戦は確実で、22日の投開票日に向けて17日間の選挙戦が火ぶたを切った。

 今回の知事選は、3選を目指す平山氏に対し、保守勢力を一部取り崩す形で小林氏が出馬。また、平山氏の過去2回の選挙に挑んできた「民主県政を実現する新潟県みんなの会」が富樫氏を擁立した。そろって激しい前哨戦を展開した中で告示日を迎えた。県の財政問題、組織・機構改革、原発などが争点となる見込みだ。

 柏崎では、平山陣営は後援会(会長・丸山敏彦市議)が連合柏崎地協なども結集し、候補の地元としての運動を担う。富樫陣営は「民主県政を実現する柏崎市みんなの会」(小竹幸蔵代表)が母体。小林陣営は県全体では出身の加茂農林高や県職員OBなどが動いており、柏崎は当面、長岡が拠点となる。

(2000/10/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。