PHOTOニュース

豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)


タマネギの収穫作業を進める農家=22日、市内藤井 (2022/06/23)

>>過去記事一覧
11月の柏崎ロードレースに弘山選手

 新公認された柏崎マラソンコースで11月12日に開かれる第23回柏崎ロードレース大会(新潟陸上競技協会主催)に、シドニー五輪の女子10000メートル決勝に出場した弘山晴美選手(資生堂)が招待出場する。

 弘山選手は1500メートル、3000メートル、5000メートルの日本記録保持者で、「トラックの女王」と呼ばれているスピードランナー。招待はほかに市内出身の小林哲也選手(福田組)。

 柏崎マラソンコースは市陸上競技場をスタート、西本町から海岸通りに出て国道352号を刈羽トンネル手前から一部刈羽村に入り、再び352号に出て椎谷で折り返す42.195キロ。大会は日本陸連登記登録者、未登録者の2部門の計11種目でハーフマラソンコースを使用し、3.3キロなど4コースを設定。昨年までは柏農から野田の折り返しコースで行われていた。各種目の1位に優勝盾を、また一般参加者には参加記念品を進呈する。

 大会前日の11日午後3時から市陸上競技場で弘山選手による走法指導、フォームチェックなどのランニングクリニックも予定されている。

 大会出場者は参加料(一般3,000円、高校生1,000円、中学生500円)を所定の郵便振替用紙で。申し込みは10月20日までに所定の用紙に記入し、〒945-0845、市内米山台3―15―23、大会事務局の星野勉さん(電話・ファクス23-8146)へ。種目は次の通り。

【日本陸連登記登録者】

▽男子ハーフマラソン
▽同10キロ
▽女子ハーフマラソン

【同未登録者】

▽男子ハーフマラソン
▽同40歳未満10キロ
▽同40歳以上10キロ
▽同5キロ
▽同中学生3.3キロ
▽女子ハーフマラソン
▽同5キロ
▽同中学生3.3キロ

(2000/10/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。