PHOTOニュース

豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)


タマネギの収穫作業を進める農家=22日、市内藤井 (2022/06/23)

>>過去記事一覧
「寿大学ここに在り」 30周年の標柱建立

 市内の生涯学習の草分けとして活動を続けている寿大学講座の自治会(牧口忠吾会長)が18日、柏崎公民館の中庭で同講座創立30周年を記念した標柱の除幕式を行った。

 同講座は昭和46年、今日の高齢社会を先取りする形で、公民館事業の一環として開講した。以来、高齢者の社会参加、リーダー養成などを目標に掲げ、毎月1回の全体学習、趣味のコース学習に取り組んできた。この間の受講者は延べ約13,000人以上。50年には受講生らの手によって自治会が組織され、牧口会長で7代目を数える。

 標柱は活動のホームグラウンドだった同館の中庭に思い出として残そうと、自治会の記念事業部会が提案した。高さ約1.5メートルの白御影(みかげ)石に牧口会長が「寿大学30年ここに在り」と揮ごうした。

 式では牧口会長が「この記念標柱によって末長く思い出を語り合いたい」とあいさつ。相沢教育長は「30年の輝かしい歴史を刻んだ証(あかし)として、この碑を受け継いでいきたい。柏崎の生涯学習の先達として今後とも活躍してほしい」と述べた。

(2000/10/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。