PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
東本町で水銀灯のガラス相次ぎ割られる

 市内東本町一、柏高前の「にぎわいの道」(市道2-17号線)でライトアップ用水銀灯の保護ガラスが割られる被害が相次ぎ、市では心ない行為に怒り心頭だ。

 ストリート棟前のこの道は「流れるような風と清潔な海」をコンセプトに、白い石畳やはめ込みの貝を用いて渚(なぎさ)のイメージで整備。市内でも特徴のある道路の1つだ。道にはライトアップ用の水銀灯が7基据えつけられ、美しい夜の光景も演出している。

 最初に被害に遭ったのは10月7日から8日にかけてらしく、7基のうち4基のガラスが粉々に割られた。市では予備のガラスで1基を修理し、残り3基の修理を手配していたが、11月2日から3日にかけて前回被害を免れた3基と、修理したばかりの1基の計4基が割られ、照明は”全滅状態”だ。

 水銀灯は通常のガラスの5倍近い強度を持つ厚さ4ミリの強化ガラスで保護されており、人がこの上に乗ったり、素手でたたいたくらいの衝撃では割れないようになっている。

 市では公共の公園・トイレなどへの落書きやいたずらに苦慮しており、今回のガラスの破壊も「きれいな町づくりを進めている中で、追いかけるように壊されていく」と肩を落とす。相次ぐ被害のため警察に被害届けを出し、パトロールを強化してもらうという。

(2000/11/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。