PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
元柏崎署鑑識係長・稲垣さんが信濃川写真集

 平成6年から5年間、柏崎署刑事課の鑑識係長として多くの事件・事故の捜査を担当した長岡市の稲垣政雄さん(51)=新潟県写真家協会会員=がこのほど、写真集「信濃川四季素顔」を発刊した。長年の夢を実現するため、警察官を退官しての挑戦。捜査の際の鋭い視線とは対照的に、ふるさとに対する温かなまなざしがあふれた作品の数々だ。

 稲垣さんは若い時から写真に親しみ、県警本部鑑識課でも写真室長を務めた腕前。昭和52年から3年間勤務した安塚署時代、雪道ですれ違う通学の児童や地域のお年寄りの明るい笑顔に魅了され、以来、新潟県の風土をテーマにした撮影活動を続け、59年には「雪国」と題した個展を新潟市内で開催している。

 昨年3月、50歳の節目を迎え、柏崎署鑑識係長を最後に退官し、フリーカメラマンとして独立。子どものころから毎日眺めた「ふるさとの母なる川・信濃川」をテーマに、上流の津南町から新潟市まで四季折々の川の表情を追いかけ、日の出に輝く朝霧、川沿いに咲く花々、川面を染める花火など63点の作品を収録して初めての写真集に仕上げた。序文で弓納持福夫・県写真家協会会長は「信濃川が悠久の大河であると共に母としての美しい素顔が、あますところなく表現されている」と紹介している。

 写真集は5,000円で頒布しており、申し込みなどは稲垣さん(電話・ファクス 0258-39-4447)へ。

(2000/11/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。