PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
柏崎駅前にイルミネーション点灯

 市内の女性グループ「舞灯の会」(曽田文子代表)が1日夕、柏崎駅前で、大小の星くずをイメージしたイルミネーションの点灯セレモニーを行った。同グループにとって、これが最後の点灯。メンバーたちの思いを込めながら、カウントダウンの後に一斉にオレンジ色の光の点滅が始まると、大きな拍手が沸いた。

 同グループは殺風景な冬の柏崎に、市民の手でイルミネーションを点灯して、ホッと心温まる空間をつくろうという活動を続け、今年で10年目。この間、東本町の再開発事業によって中心部は街のイメージを大きく変え、念願の点灯の輪が広がった。このため、グループとしては所期の目的を果たしたとして、今年を最後にすることに決めた。

 午後4時50分から点灯のセレモニーが行われ、クラッカーの音と同時に、ミラーボード上の大小の7つの星くずが初冬の空に舞った。メンバーたちはこれまでの多くの協力に感謝の心を添えて、道ゆく人たちにキャンディーを配り、曽田代表は「最後の点灯になったが、21世紀に対する熱い思いは心の中でずっと灯(とも)し続けたい」と話した。

 セレモニーに駆けつけた西川市長は「本当によく頑張ってもらった。師走の柏崎が明るく、にぎやかになるよう期待したい」と感謝した。辺りにはエレクトーンの生演奏でクリスマスソングが流れ、季節の訪れを感じさせた。この後、点灯は来年2月のバレンタインごろまで続き、駅前を彩っていく予定という。

(2000/12/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。