PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
監禁事件公判 女性両親「9年埋まらない」

 三条市の女性(20)が柏崎市内で監禁されていた事件で、略取・逮捕監禁致傷などの罪に問われている柏崎市四谷一、無職・佐藤宣行被告(38)の第5回公判が5日午後、新潟地裁(榊五十雄裁判長)で開かれ、精神鑑定中の佐藤被告も出廷する中、被告の母親(74)と被害者女性の両親の証人尋問が行われた。女性の両親は「9年の時間は埋まらない」と涙ながらに無念さを訴えた。

 被告の母親は日常生活に必要な酸素ボンベをかたわらに置き、証言台に立った。弁護側、検察側、裁判官からの質問は被告の生い立ち、通院歴、家庭での暴力など多岐にわたり、この中で母親は被告自身の潔癖性が中学1年からひどくなったことなどを証言した。また被告とのかかわり方について、「高齢で生んだ子だから、かわいがってしまった。甘やかしたつもりはないが、欲しがるものは何でも買ってやった」と話した。

 母親は、4、5年前からは被告から暴力を受け、最近は手をテープで縛られたり、スタンガンを押し当てられていたという。被告の部屋には中・高校生の時から入っておらず、女性発見時に部屋に入り、「女性を見た時、頭が真っ白になった」と語った。証言が終わると裁判所職員10数人に囲まれ、目張りをした乗用車に乗り、裁判所をあとにした。

 休廷後、被害者の両親が証言台に立ち、女性の近況、被告への思い、心境について語った。女性は入院中で、身内以外の人とは会っておらず、階段を上る時にはまだ足取りがしっかりしていないという。また、興味のあるテレビ番組は競馬、F1、野球、 音楽など佐藤被告の好きだった番組と重なり、9年2カ月の重さを感じさせた。

 女性は親族以外に自分から人に会うことはなく、「私の頭の中は小学校4年生でギャップがある。人には会ってみたいというより、こっそりのぞいてみたい」と話しているという。母親が出廷することを伝えられると、母親が裁判所で被告と同じ空気を吸うことに強い嫌悪感を示し、佐藤被告に対して「私の前から、すべての人の前からいなくなってほしい」と話しているとした。

 女性の母親(46)は「子育ての楽しみを奪われた。(佐藤被告は)何年か後に出てくると思うが、その時が怖い。安心して暮らしていけない」と語った。父親(48)は大きな声で「9年、10年の時間が埋まりません」と心境を涙を見せながら訴えた。被告に対して「時間を戻し、やり直しができるようにしてほしい。憎いとか辛いとかの気持ちを言葉に出すことがもったいない」と話した。

 次回公判は被告の精神鑑定終了後に行われる。

(2000/12/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。