PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
ひょうたんで表札 高柳で21世紀のお正月に

 縁起物のひょうたんで作った表札を玄関に掲げて21世紀を迎えようと、高柳町岡田(今井文夫区長)で、約160ある集落全戸の表札作りが仕上げの段階に入っている。

 岡田集落では昔から、野菜の種などを入れる容器としてひょうたんの加工を行ってきた。17年前からはひょうたんの表面に赤や緑、黄色など何色もの塗料を塗り重ね、磨いて模様を出す「飾りひょうたん」作りに集落を挙げて取り組んでいる。毎年3月に展示会「ひょうたんまつり」を開いたり、昨年はひょうたんで作った楽器の演奏会を行うなど、「ひょうたんの里」をキャッチフレーズにした地域おこしに励んできた。

 名物となったひょうたんを使い、長く地域に親しまれるものを作りたいと、3年前に集落の人たちが相談し、「ひょうたんで表札を作り、21世紀のお正月にみんなで掲げよう」と話がまとまった。集落では昔から「ひょうたんを玄関に置いておけば、縁起の良くない物は吸い取られ、家の中には入れない」と言われている。また表札に記す名前は、人の変動に関係なく、長い年月を使えるようにと、集落の人たちの了解を得て「屋号」にした。このため各家の正式な漢字表記を調べる“大仕事”もあった。

 表札作りは「岡田ひょうたん会」(中村功会長)の人たちが担当。大きさのそろったひょうたん作りから始め、乾燥、板の取り付けなど2年がかりの作業を続け、今は最後の仕上げのニス塗り。「家の繁栄、家族の人たちの健康を願いながら、ていねいに作ってきました」と振り返る。

 暮れには各家に届けられ、お正月にはすべての家の玄関に取り付ける予定で、「ひょうたんの里の名物にもしたい」という。

(2000/12/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。