PHOTOニュース

歩行者天国でにぎわう通りで行われた日本海太鼓の演奏=14日、市内東本 町2 (2022/08/16)


花の絵を中心にした加藤さんらの日本画作品展=市内諏訪町、ドナルド・ キーン・センター柏崎 (2022/08/13)


JA柏崎が普及に取り組む極早生米「葉月みのり」の収穫作業=12日、市 内藤井 (2022/08/12)

>>過去記事一覧
柏崎民謡保存会が香港で日本アピール

 柏崎民謡保存会(横村英雄会長、赤川イシ子理事長)が中国・香港観光局の招へいで「2003チャイニーズ・ニューイヤー・パレード」に参加し、3日帰国した。同保存会は、旧正月でにぎわう香港の市中で「柏崎甚句」などおはこ≠フ数々を披露し、日本の文化を存分にアピールした。

 招へいの要請は財団法人・地域伝統芸能活用センターを通じて打診があり、県観光振興課の推薦を得て実現した。参加したのは、横村会長、赤川理事長ら会員、スタッフ33人。先月30日、平太鼓、締め太鼓、三味線、尺八などを持参して日本をたち、旧正月の元旦に当たる2月1日のパレード本番に備えた。

 パレードコースは香港島のタマール広場からビクトリアハーバーに沿った約2キロ。日本からの同保存会、神奈川の民謡チームをはじめ、インドネシア、米国、韓国など海外14団体と、地元から50団体が参加した。身動きがとれないほど沿道ぎっしりの観客が見守る中で、お国柄たっぷりの民族衣装、踊りが次々と繰り出した。

 同保存会のために、現地の人がトラックを使って製作してくれた山車(だし)には、「日本新潟柏崎民歌舞踏団」の文字と鳥居、日の丸などがカラフルに飾られた。パレードは「佐渡おけさ」で、翌日は特設ステージで「柏崎甚句」などを披露すると、どこでも熱狂的な声援を浴びた。赤川理事長は「和服、おけさがさ姿は、わがチームながら素晴らしかった」。

 ハバロフスクに続き、2度目の海外公演を終えた横村会長は「異国情緒たっぷりで、民族衣装の展示会のようだった。沿道にはものすごい人数が集まり、おはやしにこたえてくれるなど、さわやかに気分よく踊られた」と、興奮冷めやらぬ様子で語った。

(2003/ 2/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。