PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
市内はホットなバレンタイン商戦

 14日のバレンタインデーを前に、市内各所では先ごろから、特設コーナーを設けるなどホットな商戦がたけなわ。品ぞろえ、ラッピングなどに工夫を凝らし、アイデアたっぷり。愛の使者≠ノ思いのたけを託したい女性たちのハートに迫っている。 原町地内の国道8号沿いにある菓子専門店では、自社製のトリュフ、生チョコ、クッキーなどが実に30種類以上。中でも、陶器のハート形容器入りで、スプーンですくって食べる生チョコは極めつけ。おしゃれなハート形のケーキ、ハート形のクッキーのかご盛り――とバラエティー豊かに取りそろえた。

 価格の方は300円からあり、同店の場合、お薦めは700円から1,200円程度までといろいろ。好みのラッピングにも応じる。すでに義理チョコ(?)などをまとめ買いして行った人もいるということで、同店では「若いOLと主婦を中心に、この日曜日からがピークになりそう」と話した。

 バレンタインデーは、もとはキリスト教に由来するといわれるものの、日本では近年、女性から男性にチョコレートを贈る日としてすっかり定着している。各店では愛の使者≠めぐり、しばらくは熱のこもった商戦を繰り広げていきそうだ。

(2003/ 2/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。