PHOTOニュース

歩行者天国でにぎわう通りで行われた日本海太鼓の演奏=14日、市内東本 町2 (2022/08/16)


花の絵を中心にした加藤さんらの日本画作品展=市内諏訪町、ドナルド・ キーン・センター柏崎 (2022/08/13)


JA柏崎が普及に取り組む極早生米「葉月みのり」の収穫作業=12日、市 内藤井 (2022/08/12)

>>過去記事一覧
広域事務組合新年度予算案は36億円

 柏崎地域広域事務組合(管理者・西川市長)の2003年度当初予算案がまとまり、20日招集の議会定例会に提案される。一般会計と3特別会計を合わせた総額は36億7,926万円。前年度当初より率で24.7%、額で12億520万円いずれも下回った。消防庁舎東棟の改築工事、ごみ処理場のダイオキシン削減対策工事が2002年度までに終了したことに伴って大幅な減額となり、施設の措置費、経常費が計上された。(各会計別の当初予算案は別表の通り)

 一般会計では、地域情報化によって自立的な地域づくりを目指す「柏崎地域ニューにいがた里創プラン」事業が4年目に入る。4,300万円を予算化し、地域のリーダー育成のための講習会、インターネット上のポータルサイトの機能充実、地域の情報発信などに取り組む。

 3特別会計のうち、社会福祉施設・し尿処理事業では新規として、養護老人ホーム・御山荘の給食調理業務の民間委託に4,020万円。消防事務では、30メートル級のはしご車の購入に1億6,200万円。1982年に購入し、20年を経て老朽化したため更新する。消防の防護服も3年計画で更新を始める。

 一方、ごみ処理事業では、粗大ごみ処理業務を全面的に民間委託する。これまでオペレーターは職員の直営で行っていたもので、このための経費3,397万円を計上。ごみの投入ピット前に、新たに監視員を配置して、転落事故防止に努める構えだ。

(2003/ 2/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。