PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
センバツの柏高は斑鳩と

 甲子園球場で開かれる第75回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高野連主催)の組み合わせ抽選会が15日午前、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われ、出場34校の対戦相手が決まった。21世紀枠で初出場の柏高は初日の22日、開会式直後に行われる第1試合で、同じく初出場の斑鳩(いかるが)=奈良=と対戦することになった。試合開始は午前10時20分の予定。

 組み合わせ決定後、柏高の鈴木春樹監督は「開幕戦は調整が難しい。本当の意味で持ち味の集中力が試される」とし、「自分たちの野球をやるだけ。結果はあとからついてくる」と語った。森智史主将は「1番最初に試合できることはうれしい。ともに初出場校同士、勝ちたい気持ちの差で勝敗が決まると思うので、とにかく初戦を勝ちたい」と話し、鈴木監督から「やるしかないよな」と声をかけられ、力強く「はい」と答えた。この試合の勝者は甲子園常連校の強豪、明徳義塾(高知)と2回戦でぶつかる。

 斑鳩は1978年に県立高校として創立。野球部は創立と同時に創部された。昨年秋の近畿大会で初めて4強入り。森島啓亮監督は「初出場で開幕戦ということに感謝の気持ちでいっぱい。初戦突破はどの大会でも難しい」と話し、林辰徳主将は「相手校のことは全く分からないが、特別意識はしていない」と語った。

(2003/ 3/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。