PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
センバツ柏高、応援団も臨戦態勢

 甲子園球場で22日から開かれる第75回記念選抜高校野球大会に向け、市内高校4校の吹奏楽部員などによる110人規模の合同練習が16日、市陸上競技場スタンドで行われた。開会式直後の柏高の開幕試合が決まり、応援練習も臨戦態勢に入った。

 前日午後は柏高の応援団が初めて競技場スタンドで練習を行った。体育館では演奏が大きく聞こえがちなことから、屋外練習で手ごたえをつかんだ。16日も晴天に恵まれ、柏高、常盤、総合、柏商と市吹奏楽団のブラスバンド計約80人と柏高の応援リーダー、チアリーダーら約30人が参加。選手ごとの応援曲や「コンバットマーチ」などを繰り出し、応援と合わせた。

 新発田農で2度の甲子園を経験した柏崎総合吹奏楽部顧問の堀内一徳教諭は「ブラスバンドは前2回と同じバス2台の編成。準備を考えると、開幕試合はこのうえない日程」と笑顔をのぞかせ、3度目の甲子園で初勝利を願った。

 柏高応援リーダーは「仕上がりはバッチリ」「対戦が決まり、ますます気持ちがのってきた。本番に100%照準を合わせます」と力を込めた。生徒会長の2年生・高橋宏明君は「センバツの応援練習で新執行部のスタートを切れるとは大変な名誉。知名度が高い柏崎の強さを見せつけてほしい」と話した。

(2003/ 3/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。