PHOTOニュース

「下田歌子とその時代」をテーマにしたロビー展。説明する久保貴子・下田歌子記念女性総合研究所専任研究員(中央)=市内諏訪町、キーン・センター (2023/06/08)


3年がかりの修復を終え、寺に戻った市指定文化財「涅槃像」の開眼式= 4日、市内若葉町の極楽寺 (2023/06/07)


「クリーンデー柏崎」。地域緑化を目指し、子どもらに交じり、桜井市長も手伝って花苗を植えた=4日朝、市内米山台2の御殿山公園 (2023/06/06)

>>過去記事一覧
海アピールのマリンフェスタ13日まで

 今年で4回目を迎えた「柏崎マリンスポーツフェスタ2003」(マリンスポーツ財団など主催)が12日から、みなとまち海浜公園を会場に開幕した。13日まで。

 午前9時半から行われた開会式では、大会名誉会長を務める市長代理の安達助役をはじめ、西川県議会議長、松村柏崎商工会議所会頭がそれぞれあいさつ。ジェットスポーツフリースタイル選手権に出場する若い選手を激励し、大会の無事を祈念した。最後に大会実行委員長の高野仁司・柏崎観光青年クラブ会長が開会を宣言、水上バイクのデモで水上の祭典が始まった。

 大会のメーンであるジェットスポーツフリースタイル選手権にエントリーした選手は66人。12日の予選に続いて13日の正午から決勝が行われる予定でブーメランやモンキージャンプなど次々と繰り出される華麗な技が見どころ。

 また、12日には午前と午後の2回にわたり、今回初めて水上のスノーボード「ウエイクボード」のデモンストレーションも行われ、栗田鉄男プロが荒れた海面でジャンプの妙技などを披露した。

 大会期間中はスーパーキッズボートやスーパージェットボート、水上バイク、バナナボートなどの体験乗船会も随時行われる。希望者は水に濡れてもよい服装で参加してほしいとしている。

(2003/ 7/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。