PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
市内農集排が谷根地区で完了

 市内で12番目となる農業集落排水事業「谷根地区」の処理場施設が完成し、23日に現地で通水式が行われ、待望の供用を開始した。市内では今のところ、ほかに同事業を計画している地域はなく、1983年の安田地区工事着手以来進められてきた施設整備は一応終了することになる。

 谷根地区は計画戸数75戸、320人を対象に2000年度から工事を続けてきた。管路延長3533・3b、中継ポンプ5カ所。処理施設は鉄筋コンクリート一部2階建て、延べ床面積204・24平方メートル。最新の連続流入間欠ばっ気方式を採用し、1日計画汚水量は86・4立方メートル。総事業費は5億8667万7000円。

 通水式は施設処理組合(竹内吉郎組合長)主催で行われ、大勢の地域の人が見守る中でテープカット。続いて、西川市長によってメーンスイッチが起動された。

(2003/ 7/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。