PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
ぎおんまつり開幕、雨をつき踊り絵巻

 年間最大の市民イベント「ぎおん柏崎まつり」が24日開幕した。初日午後には小・中学生らが元気いっぱいにマーチングバンドパレードを行った。夜には民謡街頭流しの踊り絵巻が梅雨空をついて行われ、前夜祭をにぎやかに飾った。引き続き、25日はたる仁和賀で市民のパワーを全開し、26日は日本海を光と音で彩る花火 大会が予定される。

 今年の民謡街頭流しには市内の町内会やコミセン、子供会、事業所などから53団体、約3400人が参加した。午後7時、西川市長が「梅雨空も、不景気も吹き飛ばし、元気な柏崎の意気込みを示そう」とまつりの開幕を告げた。

   踊りは天候の関係で、「三階節」「柏崎甚句」の2曲を繰り返した。踊りの波は東本町からニコニコ通り、西本町へ。途中の休憩をとらず、予定よりも少し早めの8時20分ごろに終了するまで、踊り子たちは無情の雨にぬれながらも、そろいの粋(いき)な浴衣、はっぴ、スパッツ、Tシャツ姿で返し歌、はやし言葉などを入れ、野趣豊かな雰囲気をかもし出した。

(2003/ 7/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。