PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
柏崎原発4号機が発電再開

 東京電力柏崎刈羽原発4号機(沸騰水型、出力百10万キロワット)が25日午後4時、発電を再開した。同原発は昨年発覚したトラブル隠しを受け、今年3月末には全7基が停止したが、4号機が発電を始めたことで、6、7号機と合わせて3基が復帰した。また福島第一・第二を含めた東電原発全体では17基・1,239万6,000キロワットのうち4基・491万2,000キロワットの供給を回復させた。

 4号機は今年1月から第7回定期検査に入り、再循環系配管に6カ所のひびを確認したことから、その部分を取り換える補修をした。東電の運転再開要請を受けた平山知事・西川市長・品田刈羽村長が22日、再開容認を平沼赳夫経済産業相に報告し、東電は同日、原子炉を再起動していた。

 発電はまだ定検の調整運転。出力を徐々に上げ、27日か28日に110万キロワットの定格出力に達する。8月中旬ごろには経産省の総合負荷性能検査を受けて、定検を終了する。

(2003/ 7/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。