PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
小・中学生216人が写生大会

 夏休み恒例の小・中学生写生大会(市美育しんこう会、郡美術教育研究会主催)が今年も5日、柏崎小など市内各所で行われた。あいにくの雨模様の中で、子供たちは一生懸命に絵筆を走らせ、力作を仕上げた。

 大会は今年で49回目。写生を通して、子供たちから豊かな創造力、美的情操を養ってもらったり、友だちをたくさんつくってほしいという願いが込められた。柏刈32校の小学5年生から中学3年生まで合わせて216人が参加した。

 柏崎小で開会式を行った後、雨天のため会場を変更し、同校内や東・西本町通りなどに分かれた。参加者は校舎から見える風景や、静物、町並みなどを丹念にスケッチし、色塗りをして作品を完成させた。市美育しんこう会OBの荒川実さん、地原正夫さんを審査員に、約40人の先生が合評会を行い、入賞作品を決めた。

 審査の講評では「雨にたたられたが、みんな一生懸命に取り組んだ。特に、小学生は自由に自分の描きたいものを見つけ、全体に明るい色調。欲をいえば、もう少し最後まで追求心がほしかった。また、中学2年は技術力の高さを見せた」と話した。

(2003/ 8/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。