PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
全中卓球で柏崎出身・近藤選手活躍

 市立中通小出身で今春、東京の実践学園中に進学した近藤功成選手が、24日まで北海道苫小牧市総合体育館で繰り広げられた第34回全日本中学校卓球大会で、男子団体準優勝した同校の唯一の1年生レギュラー選手として大活躍した。

 男子団体戦は四単一複で行われ、各ブロック代表の39校が出場し、予選リーグ、決勝トーナメントを行った。近藤選手は2年生の藤田峻選手と組んでダブルスに出場。予選から準決勝までの五戦をいずれも勝ち、決勝で青森山田中の大谷・瀬山組に敗れた。

 近藤選手は25日に帰省した。初めての全中出場に「小学生の全国大会と違って応援がすごくて圧倒された。青森山田に勝てなかったのが悔しい」と話し、「来年はシングルスでベスト32、団体は優勝を目指したい」と語った。

(2003/ 8/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。