PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
万景峰号が新潟から出港

 新潟西港に入港していた北朝鮮の貨客船「万景峰92」号は26日午後7時過ぎ、予定より9時間遅れで北朝鮮の母港・元山港に向け出港した。次の入港予定は9月4日。北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さんの父親秀量さん$$75は今回、ふ頭の抗議行動に参加しなかったが、次回入港では参加したい考えだ。

 同船は、国土交通省が10年ぶりに実施した船舶安全性検査で脱出経路の非常標識など5項目で不備、不適合が指摘された。是正計画書を出し、1項目は改善、4項目は応急処置をし、北朝鮮で改善する。再検査で航行が認められた。入港から35時間。修学旅行の朝鮮大学校生や祖国訪問の在日朝鮮人など200人と食料品など生活物資、車両など63トンを積み、出港した。

 秀量さんは26日の会見で国の検査と是正命令について、「法律に基づいて当然やらなければならないことをやってこなかった。厳重な検査をしていれば、いろいろな問題は起きなかった」とこれまでの政府の対応を批判し、厳格な検査を求めた。拉致問題の全面解決に向け、入港禁止措置を求める家族の立場について、「我々はあくまで『子供を帰してほしい』と言っているだけで、方法の1つとして経済制裁を求めている。入港そのものに反対しているのではない。子供を帰してくれれば何も言うことはない」と説明した。薫さんはノーコメントだという。

(2003/ 8/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。