PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
柏商が閉校へ募金追い込み

 来年3月で閉校する柏商(松村武司校長)は11月1日の閉校記念式典などに向け、9月末までをめどに募金活動の追い込みに入っている。閉校式では記念講演でアルベールビルなど冬季五輪のスキー・ノルディック複合金メダリスト・荻原健司さんを招く。

 同校は1910年創立。卒業生は18,000人余り。2000年に90周年記念式典を行い、02年度、柏崎総合高校の設置に伴い、生徒募集を停止した。商業、情報経理、国際教養の3科で、最後の卒業生となる3年生は178人。校舎の1部を使い、今年度、県立柏崎翔洋中等教育学校が開校した。閉校に向け、昨年6月、学校は準備委員会を立ち上げ、同窓生、PTA、学校でつくる閉校記念事業実行委員会(委員長=柴野三郎・同窓会顧問)が11月に発足。5つの委員会で活動している。

 事業は記念碑建立、記念誌(A4判、50ページ弱)発行、校章のバッジ製作など。碑には「われ商業に志す 柏商学び舎の碑」と刻んで管理棟わきに建立し、正面玄関わきの校歌碑を隣に移す。第1体育館で行う閉校式、記念講演後に除幕を行い、午後2時から産文会館で惜別の会を開く。

 閉校後に校旗、部活動のカップ、トロフィー、卒業アルバムなどを保管する展示室は、教室棟3階東側の商業実践室に整備することから、展示棚などの備品を購入する。バッジを作る校章は商業神マーキュリーをデザインしたもので、戦時中は敵性として別の意匠に差し替えられた。長い伝統がしのばれるマーキュリーの校章を使っている学校は県内でも新潟商と柏商だけとされ、OBの誇りだ。募金は目標額1,000万円。問い合わせは柏商内の事務局(電話22―5277)へ。

(2003/ 8/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。