PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
田んぼの分校で2003センチののり巻き

 市内別俣地区で7日、「田んぼの分校」の収穫祭を同地区コミセンでにぎやかに行った。子供からお年寄りまで大勢が集まって、今年にちなんだ2003センチののり巻き作りや古代米・黒米のおにぎり、手打ちそばを味わい、和やかな1日を過ごした。

 「分校」は全市を対象にした「田んぼの学校」の地区版として、今年で4年目。自然体験、世代を越えたふれあいを通じて、子供たちから豊かな感性を身につけてもらう。今年度もコシヒカリや古代米の田植えをはじめ、地域歴史探訪、川遊びなどを実施。特に夏には60アールの休耕田に二万1,000本のヒマワリの花を咲かせ、地区の子供たちがスケッチをしたり、地区外から訪れたたくさんの人が見事な景観を楽しんだ。

 収穫祭は秋の実りをみんなで味わおうと恒例の行事。集まった人たちは、自分たちで刈り入れした黒米、はさ掛けコシヒカリのおにぎり、手打ちそば作りを進めた。ヒマワリの種40キロから食用油8リットルをとり、サツマイモの天ぷらを揚げたり、サラダのドレッシングにもした。昼には西暦にちなんだ2003センチの長いのり巻き作りにも挑戦した。

 子供も大人も心を1つにして巻き上げると、一斉に大きな拍手がわいた。使ったコメ約14キロ、のり200枚。かんぴょうやホウレンソウ、でんぷが入り、カラフルに出来あがった。  

(2003/12/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。