PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
自転車でエコ・タクシー計画

 市内で法人格を持つまちづくりNPO「エイジレスたまご」(木村永代表)は電動アシスト付き自転車「エコ・タクシー」を来年4月から市内に走らせる計画で準備を進めている。5台のエコタクシーを新しい観光ツールとして利用、市民のまちづくり意識の改革と環境意識の啓もうを目的に事業を行いたいとしている。実現すれば、東京、京都に次いで全国で3番目の運行となる。

 「エイジレスたまご」は、港を活用した都市の再生を目指す全国都市再生モデル調査事業の適用を受け、来年3月までにルート設定など予備調査を行い、引き続いて4月から本格的に事業化を図る予定だ。運行期間は4月から11月までの比較的雨の降らない時期を設定している。

 エコ・タクシーは2人乗りで、ドライバーが一人付く。基本的に自転車のため、許認可は不用。車体を利用した広告収入と利用料金で事業を成り立たせる計画だ。また、中心商店街との連携も狙ってチケット代わりのエコマネー「地域通貨」の導入も考慮中だ。

 車体はドイツ製で約80万円。25日ごろに最初の1台が到着。来年1月の晴れた日に中心商店街で試運転を予定している。

(2003/12/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。