PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
市内小中校で4月から前面禁煙に取り組み

 市教育委員会は、子供たちの無煙環境を目指し、4月1日から全市立小・中学校の学校敷地内で全面禁煙に取り組み、9月1日から完全実施する。2003年5月に施行された国の「健康増進法」に伴うもので、校舎内はもとより、校地も対象。小・中学校での全面禁煙は妙高高原町で実施されているが、柏崎のような規模の市では県下初めて。

 市教委では、「受動喫煙の防止」の努力義務を負うとした「健康増進法」に対応するため、昨年4月から禁煙への検討を開始した。学校は子供たちの健全な成長と教育の場であることから「学校敷地内全面禁煙」を目標に掲げ、喫煙者への配慮も並行して考えながら、検討を重ねてきた。

 一方、学校に働く全職員にアンケート調査も実施した。職場の空気環境、受動喫煙の健康影響、喫煙対策などの質問を通して、学校で講じている対策の現状、現対策に対する意見・思い・多数の禁煙対策への希望、非喫煙者の実態や思い、喫煙者の考えなどを把握した。

   これらを総合的に判断し、(1)たばこ(ニコチン)は依存性薬物で薬物教育の対象である(2)学校は喫煙防止教育を行い、教員はその指導にあたること(3)学校は喫煙防止の環境であること。指導者は自ら禁煙者であることが求められていること――などから、市教委では「『全面禁煙が必要』と判断した」としている。これにより、児童生徒の喫煙防止教育の徹底、健全育成を図る構えだ。

 全面禁煙は教職員をはじめ、学校を訪れる保護者、来校者、学校開放利用者も対象にし、今月中に各学校からそれぞれへ周知していく。市内ではすでに今年度から比角小が校舎内、荒浜小が校舎内、校地で禁煙を実施しており、これで全校がそろうことになる。

(2004/ 3/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。