PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
西山町で合併の地域懇談会

 西山町の市町村合併地域懇談会が13.14の2日間、石地コミュニティセンターなど4会場で開かれ、財政シミュレーションなどをめぐって住民と町長との意見交換が行われた。懇談会は20日にも町内2会場で行われる。

 柏崎市、高柳町、西山町の合併協議が大詰めに入っていることから、町が法定協議会の合意事項、町の財政状況を説明するために開催した。三富町長は国の三位一体改革の名の下で、2004年度予算編成は基金を取り崩すなど厳しい状況にあったことを説明し、3市町での合併推進に住民の理解を求めた。いずれの会場でも住民から、町が資料として示した、自立を想定した場合の財政シミュレーションについて詳細な数字の提示を求める声が上がり、「自立をするために、どのサービスをどれくらい落とし、人件費をいくらカットしたらいいのか、町は具体的に示す責任がある」「行政は過去に無駄が多過ぎた。簡単に、財政が苦しいと言わないでほしい」などの意見が続出した。「大きな枠組み、しっかりとした財政基盤で今のサービスを維持していくべき」「合併は時期を逃してはならない」とする町長と、時には激しいやり取りとなった。

(2004/ 3/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。