PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
西山町で合併巡り住民投票署名活動

 西山町は26日、柏崎市、高柳町との合併の是非を問う住民投票条例制定を求める町民3人の申請を受け、請求代表者証明書を交付した。これを受けて、1ヶ月間の署名活動がスタートする。

 請求代表者の女性3人は22日、条例制定を求める署名活動に必要な証明書を三富町長に申請。町選管で確認し、町長名で交付した。25日には条例制定を目指す

「住民投票をすすめる町民の会」が農村環境改善センターで60人余りを集め、集会を開いた。

 請求代表者の1人で会社役員の加藤愛子さん(52)は「住民投票とは町で暮らす皆がそれぞれの思いを伝えること」とし、「住民投票に消極的な議会を賛成させるには(署名を)過半数以上、できれば六割集めたい」と述べた。町議3人はこれまでの議論の経過や刈羽村の合併協議会からの離脱などを説明し、町民の最終的な意思確認の必要を訴えた。

 3月2日現在、選挙人名簿登録者数は5,878人。請求に必要な署名は有権者の50分の1以上。集会では「これは合併賛成、反対の運動ではない。皆の意見を聞いて決めようという署名。1家に1人、署名集めをする受任者を」と呼び掛けた。

(2004/ 3/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。