PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
ぎおんまつり花火の予算を増額

 ぎおん柏崎まつり協賛会(会長・西川市長)は10日、柏崎商工会議所で総会を開き、決算、予算、事業計画を原案通り承認した。2004年度の予算総額は対前年度比420万円増の6,885万円。特に花火の予算を330万円増の4,800万円として、大花火大会を観光の一つの目玉に育てたい方針だ。

 好評を得ている花火桟敷席は、前年の700マスに対して今年は1,300マスに増やし、約1,700万円の売り上げを見込んでいる。申し込み状況は順調で、すでにイス席(100マス)は完売し、増設を考えているという。

 この売り上げから200万円を花火の打ち上げ代に繰り入れる。03年度決算では、桟敷事業の健全な運営のため200万円を「有料観覧席基金」として積み立てもしている。

 また、花火のPR用としてシールが各委員に配布された。このシールは、市民から宣伝をしてもらう目的で今年初めて5,000枚作ったもの。市役所ロビーや市民プラザなど市内各所にも置かれている。

 ぎおん柏崎まつりの日程は前年通りで、7月24日のマーチングパレードに始まり、同日の民謡街頭流し、25日の港まつり、たる仁和賀、26日の大花火大会でフィナーレを迎える。 

(2004/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。