PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
高柳小の機能向上工事で木の香豊かな教室に

 高柳町が昨年度から進めている高柳小(布施正史校長、児童数51人)の機能向上工事が2年目に入り、今年度は特別教室などの改修が夏休み過ぎの完成を目指して行われる。すでに木材を使った床や腰板に生まれ変わった普通教室では児童たちが気分も新たにして学習に励んでいる。

 高柳小は1973年に町内5つの小学校が統合して誕生し、現在の鉄筋コンクリート校舎もこの時に建てられた。これまでにも体育館の床張り替えなど部分的な改修が行われたが、30年を経て、床や壁の老朽化、傷みは激しく、町では2003年度から東京電力による寄付金を中心にした共生事業として改修工事を進めている。事業費は約1億1,000万円。

 改修の基本方針は(1)学校と地域の融合教育の推進(2)山の中の学校としての特徴づけ(3)子どもが愛着をもてる施設整備(4)機能的な施設整備の4点。

(2004/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。