PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
空手の杉田選手が2年連続全国へ

 第12回全国中学校空手道選手権大会の県予選会が16日、燕市民体育センターで行われ、女子個人形で空和会県本部の杉田萌奈選手(一中3年)が2年連続で全国出場を決めた。

 女子個人形には66人が出場し、予選の上位8人が決勝トーナメントに進み、その上位2人が8月21・22日に大分県別府市で行われる全国大会に駒を進めた。また第59回国体県予選会も同所で行われ、21人が出場した成年男子形で柏崎出身の大矢規之選手(東京農大3年)が一次予選を通過し、上位4人に残った。

 杉田選手は保育園の年長から空手を始め、昨春から県強化指定選手。昨年の全国では予選敗退した。空和会県本部の伊部春夫師範は「スピードとキレが持ち味」と評価し、「あとは基本を忠実にけい古すれば大丈夫」と語った。

(2004/ 5/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。