PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
上越・関根学園創立者の関係者が柏崎に現存

 上越市にある関根学園(勝山一儀校長)の創立者・関根萬司(1862―1945)の関係者が、出身地の柏崎市小島に今も住んでいることがこのほど分かった。関根の次兄与エ門の孫にあたる関根義晴さん(74)で、「女学校をつくったと聞いていたが、まさか関根学園とは」とびっくり。萬司は夏目漱石の小説「坊ちゃん」のモデルではないかとも言われ、二重の驚きとなった。

 関根萬司は二松学舎、東京師範学校に学んだ。小・中学校で数学を教え、1909年4月、関根学園の前身である私立女子技芸専修学校を開学し、初代校長に就任した。同校はその後、校名を関根裁縫女学校、高田高等実業女学校などと変えながら、戦争などの困難な時代を乗り越え、1962年に男子部を設置し、高田北辰高校と改称。1978年に統合し、関根学園となった。勝山校長は、2003年度の終業式で創立者の話をしてから、夏目漱石と縁があったと思われる関根が漱石の「坊ちゃん」のモデルではないかと興味を持ち始めた。調べるうちに関根が柏崎市小島の生まれと知り、義晴さんにたどり着いた。

(2004/ 7/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。