PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
高速道料金割引で米山―長岡利用44%増

 高速道路の料金割引実験を実施している柏崎地区協議会はこのほど、実験開始の8月5日から月末までの実験結果速報を発表した。これによると、米山インター―長岡インター間で乗り降りした1日平均の総利用台数は2,442台で、前年8月(1,691台)の44%増だった。

 増加率の高かった区間は米山―長岡で、昨年の3.17倍。次いで米山―西山間が1.88倍となり、混雑する柏崎市街地や柏崎インターを避ける形での利用が多かった。また、米山―長岡間を通過した車の総数がお盆後には落ち込んだのに対して、割引対象となる区間の利用はほぼ同数で推移。さらに月末になって割引実験が周知され、利用が増えてきたことも分かった。

 一方、国道8号の通行量調査では市内上原地内の12時間交通量が、実験前の1万5,246台から実験後は1万3,378台と12%減少。長岡市宮本でも3%減った。これにより、市内土合地内の朝のピーク時に、長岡方向渋滞延長は2,000メートルから1,350メートルに縮小。上越方向も1,350メートルから650メートルへと半分になった。

(2004/ 9/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。