PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
ぎおんまつり反省会で意見続々

 ぎおん柏崎まつり協賛会(会長・西川市長)は15日、柏崎商工会議所で反省会を開いた。協賛会役員や町内会長、企業の代表ら約70人が出席し、今年度のまつりの総括を行い、意見交換した。

 あいさつに立った西川市長は「来年に反映させるための反省会」として活発な意見交換を促した。事務局の説明に続いて多くの出席者から意見が出され、「花火大会会場の浜に簡単な歩道を作ってほしい」「男性と子供たちのみこしのほかに女性みこしを出したいので1団体2基の規制の緩和を」「どんGALA!祭りとドッキングできないか」「花火が大きく変化しているように仁和賀や民謡流しも観客が楽しめるよう目新しい工夫を」など改良・改善を求める声が目立った。また「本みこし全盛の時代に『タル仁和賀』の名称はそぐわない」「仁和賀の場所をもっと広い海岸道路やみなとまち海浜公園に変えてみたら」などの抜本的改革を訴える提案もあった。

(2004/ 9/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。