PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
椎谷で「きのと桜」?咲く

 市内椎谷の不動堂の参道わきでこのほど、サクラが咲いた。珍しい「きのと桜」ではないかと見られ、地元で話題になっている。

 場所は明治天皇ゆかりの清水「御膳水」の近く。26日、近くで農作業中の男性(68)が水を飲もうとして、参道わきの斜面で自生のサクラ3本のうち1本が花をつけているのを見つけた。参道沿いでは地元老人クラブが植えた別のサクラ1本も花をつけていた。

 今年春、観音堂を参拝した市内の男性(62)が不動堂に寄った際、5年ほど前に北蒲中条町で見たきのと桜と同じ花が咲いているのに気づき、「珍しいので切らないで」と後日、地域の人に話したのが伝わっていた。きのと桜は花弁が大きく、花期に葉が茂る。「大提灯ざくら」とも呼ばれ、枝から伸びる花柄が5.6センチと長い。中条町では乙宝寺境内の木が町指定天然記念物とされる。

 地元では「植えたものではないので、鳥が種を運んできたのだろう。この時期にサクラとは初めて。まして、きのと桜なら」と話している。

(2004/ 9/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。