PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
柏崎地方、強風と高波で大荒れ

 発達した低気圧が日本海を北東に進み、柏崎地方は26日夜から27日朝方まで強風に見舞われ、海上は大しけになった。新潟地方気象台は26日夜に暴風・波浪警報を発令し、27日午前5時に解除された。柏崎地域消防本部によると、26日午後9時ごろから西の風が強まり、27日午前3時8分に最大瞬間風速29.5メートルを観測した。強風によるけが人は報告されていない。

 この風で、市内海岸部の道路2区間が高波の影響で通行止めになった。国道352号の宮川―椎谷間は流木が打ち上げられ、除去作業のため、午前9時から1時間の通行止め。また鯨波海水浴場前の市道も午前9時20分から通行止めの措置がとられた。付近の人の話では、「高波が午前7時ごろまで道路に押し寄せていた」という。道路脇にある浜茶屋共同組合の季節旅館は、高波でドアが壊された。

(2004/11/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。