PHOTOニュース

シニアコースで取り組んだ縁起物・八丁紙作り。受講者が器用にカッター を使い、完成させた=7日、市民プラザ (2023/12/09)


手作りそば、おにぎり、かき揚げなどがずらりと並んだ「田んぼの分校」 収穫祭=別俣コミセン (2023/12/08)


地域ごとに個性的な双体道祖神が並んだ県石仏の会創立30周年記念写真展 「寄り添う神に誘われて」=市立博物館 (2023/12/06)

>>過去記事一覧
リサイクルステーション利用好調

 市はこのほど、市内東本町3、資源物リサイクルステーションの2004年度の利用状況をまとめた。回収した資源物の量は57万キロ以上になり、年度途中に開設した前年度に比べ、約3倍に上った。利用人数は延べ5万2,700人近くを数え、好調な利用実績を示した。

 同ステーションは「勤務時間の都合などで朝、町内会の資源物ステーションが利用できない」「雑誌や新聞がたまって困る」という市民の声に応え、03年6月にオープンした。開設は水・土・日曜の週3日、午前10時から午後6時まで。回収対象は空き缶、スプレー缶、びん、ペットボトル、プラスチック製容器包装、新聞、雑誌、ダンボールなど16種類の資源物。

 まとめでは、04年度に回収した資源物の量は57万111キロ。市内全域の回収量の12.5%に当たった。内訳で最も多かったのが、新聞の19万7,770キロ、雑誌の17万8,930キロ、段ボールの7万1,090キロ、びんの4万4,529キロなど。利用人数は延べ5万2,697人だった。

(2005/ 4/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。