PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
長嶺大池のハクチョウ飛来増える

 県環境企画課はこのほど、県内湖沼・河川・海岸で1月15日に実施したガンカモ科鳥類の生息調査結果をまとめ、公表した。ハクチョウ類は14地点で確認され、3種類合わせて1万2769羽。12月の早い大雪でエサ場となる水田が雪で覆われたためか、全県では過去最多だった2005年より7190羽少なかったが、市内西山町の長嶺大池にはオオハクチョウ、コハクチョウ合わせて200羽近い192羽が飛来し、昨年の156羽より多かった。

 この調査は、ガン・カモ・ハクチョウ類の保護と生息地の保全を目的とした基礎資料にするため、1969年から毎年、環境省が都道府県に依頼し実施している。本県は県野鳥愛護会に委託。調査地点は新潟市の鳥屋野潟や佐潟、上越市(旧大潟町)の朝日池など26地点。柏崎市では西山町長嶺大池と青山町・東京電力柏崎刈羽原発構内の2カ所が対象だ。

(2006/ 2/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。