PHOTOニュース

花の絵を中心にした加藤さんらの日本画作品展=市内諏訪町、ドナルド・ キーン・センター柏崎 (2022/08/13)


JA柏崎が普及に取り組む極早生米「葉月みのり」の収穫作業=12日、市 内藤井 (2022/08/12)


JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)

>>過去記事一覧
二中出身・大沼選手が北陸スケート優勝

 北陸スケート競技大会(富山・石川・福井各県スケート連盟主催) のショートトラック競技が18日、福井県サンピア敦賀アイスアリーナで行われ、直江津高1年・大沼博明選手(二中卒)が高校生以上男子スーパーファイナル1500メートルで優勝した。

 大沼選手は5歳からアイスホッケーを始め、小学5年生からショートトラックに打ち込んだ。現在、A級選手。1月28日から2月1日まで北海道苫小牧市で行われた冬季国体に本県代表として初出場した。

 今大会で大沼選手は500メートル2位、1000メートル3位の総合成績3位で、上位4人で競うスーパーファイナル1500メートルに進出し、ワンランク上のAA級の社会人と大学生の2人を破った。

(2006/ 2/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。