PHOTOニュース

シニアコースで取り組んだ縁起物・八丁紙作り。受講者が器用にカッター を使い、完成させた=7日、市民プラザ (2023/12/09)


手作りそば、おにぎり、かき揚げなどがずらりと並んだ「田んぼの分校」 収穫祭=別俣コミセン (2023/12/08)


地域ごとに個性的な双体道祖神が並んだ県石仏の会創立30周年記念写真展 「寄り添う神に誘われて」=市立博物館 (2023/12/06)

>>過去記事一覧
柏崎地区メーデーの参加呼び掛け

 連合柏崎地協(佐藤和典議長、20産別・74組合・約8300人)の第77回柏崎地区メーデー集会が30日午前9時15分から市民会館大ホールで開かれる。加盟組合員と家族だけでなく、未組織労働者やパート労働者などの参加も広く呼び掛けている。

 今年の柏崎地区メーデーは本来の5月1日でなく、日程見直しにより30日に繰り上げての開催。「働くものの連帯で、『平和・人権・環境・労働・共生』に取り組み、労働を中心とする福祉型社会と自由で平和な世界をつくろう!」をスローガンに掲げ、春季生活闘争の勝利、サラリーマン大増税反対、安心できる年金・介護・医療と社会保障制度の抜本改革の実現などを訴える。アトラクションは「がんばろう新潟」と銘打って、NAMARAのヤングキャベツと、新潟発のユニット「Negicco」が出演する。

(2006/ 4/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。