PHOTOニュース

佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)


7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)

>>過去記事一覧
後谷ダムの定礎式は6月2日

 柏崎周辺地区国営土地改良事業推進協議会(会長・会田市長)の2006年度第19回通常総会が4月28日、柏崎ベルナールで開かれた。議案審議に続いて、北陸農政局柏崎周辺農業水利事業所(梶原親信所長)が今年度の工事概要を説明。市内西山町別山地内で進められている後谷ダムの定礎式を6月2日に実施し、栃ケ原、後谷ダムともに堤体工事がピークを迎えるとした。

 総会には来賓として、市内曽地出身の涌野佐斗司・北陸農政局長、石川佳市・県農地部長をはじめ、関係自治体、土地改良区の関係者らが出席。会田市長はあいさつで「栃ケ原、後谷の2つのダムが2008年度完成を目指して順調に前進していることを喜んでいる」とする一方、遅れている市野新田ダムについて「地元合意に向け、ねばり強く努力したい」と決意を披露。来賓あいさつでは農地の果たしている環境への役割、関連事業の推進が強調された。総会議事で05年度決算、06年度事業計画を承認。役員改選では現在の役員の継続を決めた。

(2006/ 5/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。