PHOTOニュース

ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)


7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)

>>過去記事一覧
薫風に祝福され、新成人フェスティバルに887人

 「はたち」の門出を祝う

 新成人フェスティバル(市教育委員会主催)が憲法記念日の3日、市総合体育館で行われた。さわやかな5月の風を浴びながら、前年より約40人多い887人の新成人が集まった。

 午前10時半から開かれた式典で会田市長は「大人の一員として、これまで以上に自覚を持ち、自立した生活を送ってほしい」と述べ、「合併で新市になり、一年。力を合わせていく大事な時期。安全で安心のまちづくりのため、若い力で柏崎を元気なまちにもり立ててほしい」と期待。「感謝の気持ち」「一所(いっしょ)懸命」「平和の大切さ」の3つの言葉を贈った。霜田市議会議長は「身の丈以上の借金をしない、選挙への義務と責任を果たしてほしい」と呼び掛けた。

 新成人を代表して、半田地区の三浦真大さん、剣野地区の大図知香さんが「情報がはんらんする中で、自分に何が必要なのか見極め、行動できる力を」「多くの人に支えられてきたが、これからの時代は私たちが主役になり、支えていく番」とメッセージを読んだ。

(2006/ 5/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。