PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
改正道交法施行で駐車車両減る

 駐車違反の取り締まりが厳しくなった改正道路交通法の施行初日の1日、市内の重点路線は駐車する車が少なく、見通しが良い状況になった。

 道交法の改正で、取り締まり方法が変わり、駐車時間の長短にかかわらず、放置車両を見つけ次第、その場でシールタイプの放置車両確認標章(ステッカー)を張り付ける方法に切り替わった。柏崎署管内では、JR柏崎駅周辺、新花町周辺を駐車違反重点地域に、本町通りなど3路線を重点路線に定めている。

 県警交通指導課によると、県内でこの日、ステッカーを張られた車は55件で、柏崎署管内は1件だった。新潟、長岡の民間委託による取り締まりは7件。

(2006/ 6/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。