PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
子供たちの健やかな成長目指し市民会議総会

 市青少年健全育成市民会議(山崎高美会長、事務局・市青少年育成センター内)が3日、市民プラザで総会を開いた。「メディア漬けから抜け出し、体験活動にチャレンジ」をテーマに、青少年健全育成大集会、トライウオークなど幅広い活動を計画し、市民総ぐるみで子供たちの健やかな成長を目指すことを決めた。

 同会議は1980年、青少年の健全育成に対して市民の認識を深めることなどを目的に発足。これまで非行防止や社会環境の浄化活動などを進めてきた。会員数は現在約1200人、賛助会員は8社。

 山崎会長は「次の社会を担う青少年の健全育成は大人社会の責任。この第一歩は健全な家庭から出発するという認識で進めてきた。国民運動として提唱される『早寝早起き朝ご飯』の背景の大きな要因にもなっているメディア漬けから子供を抜け出させるには、親の意識改革が必要。子供たちが生き生きとした生活ができる場づくりに努めたい」と呼び掛け。来賓の会田市長は「未来を担う子供たちが希望を持ち、すくすくと育つためにそれぞれの努力を」と述べた。

(2006/ 6/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。