PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
出雲崎町がてまり団地分譲へ

 出雲崎町は、人口拡大策の一環として、新たに町営で50区画の宅地分譲を行うことになり、県内外へのPR活動を始めた。名称は良寛をイメージした「出雲崎てまり団地」。旧国道116号沿い、川西地内の丘陵地を造成したもので、600メートル以内にJR出雲崎駅をはじめ町役場、小学校、金融機関、商店街がある。

 町外の若い世帯や定年を迎える団塊の世代から移り住んでもらおうと、3.3平方メートル当たり3万円台の低価格に設定。1区画の平均面積は約330平方メートル(100坪)と余裕を持たせた。さらに所定の条件を満たす世帯には100万円を支給する特別支援制度を設けるなど、勧誘に力を入れる。申し込み受け付けは24日からで、初日は現地でイベントを開催する。

(2006/ 6/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。