PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
高柳の棚田でサポーターが草刈り

 日本の棚田百選に認定されている市内高柳町地内の2カ所の棚田で17日、ECHIGO棚田サポーターによる農道や水路の草刈り作業が行われた。24日にも同町内の別の棚田で草刈りなどが行われる。

 ECHIGO棚田サポーターは中山間地の農地保全に頑張っている地域の人たちを応援しようと、県・市町村職員、農地関係の業界、趣旨の賛同者らで構成。旧高柳町では1999年からこれまでに延べ14回、磯之辺の梨ノ木田の棚田を中心にあぜの草刈り、被覆植物のシバザクラの植栽、農道や水路の保全活動を進めている。

 この日は新潟、糸魚川から参加した県職員、市農林水産課や高柳町事務所職員、地域の人たち、業界、一般サポーターら約七十人が参加。午前は門出の大開で、午後は磯之辺の梨ノ木田の棚田で農道や用水路の確保、草刈り、シバザクラの補植などに汗を流した。

(2006/ 6/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。