PHOTOニュース

2月中旬から地場産野菜なども販売するJA柏崎直売所「愛菜館」に設置 されている自動販売機 (2023/01/27)


上米山地域交通「たんね はなもも号」のロゴと車両 (2023/01/26)


開催中の収蔵資料展「むかしのくらしと道具―冬の暮らしを支えたモノた ち―」。小学生の社会科学習の場にもなっている=市立博物館 (2023/01/25)

>>過去記事一覧
バイオマスタウン構想策定の検討開始

 市は今年度のバイオマスタウン構想策定を目指し、バイオマス利活用推進協議会の第1回会合を3日、市役所分館で開いた。再生利用できる生物資源(バイオマス)の有効活用に向けて、それぞれの立場の委員から提言を受けながら構想をまとめ、国の認定を受けたいとするもので、初回は事務局が構想の目的、柏崎地域で想定されるバイオマス事業などを説明した。席上、正副会長の選任を行い、会長に秋元正道・新潟工科大教授、副会長に田辺忠弘・ニューエネルギーリサーチ代表を決めた。

 バイオマスタウン構想は03年度に市で行った新エネルギーの調査・研究などを踏まえ、柏崎市のバイオマス資源の状況、そこから得られるバイオマス製品・エネルギーの需要状況をもう一度見直し、環境産業としてのバイオマス利活用の可能性を検討する。年度内に策定、国が募集するタウン構想の認定を得たい考えだ。

(2006/ 7/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。