PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
原発立地の商工団体協が柏崎で定期総会

 全国原子力立地市町村商工団体協議会(会長=松村保雄・柏崎商工会議所会頭)は5日、事務局を置く柏崎で初めての定期総会と地域振興懇談会を開いた。

 協議会は2000年度の設立。原子力発電所立地・予定地域の25の商工会、商工会議所が加入し、地域振興を目指す。昨年8月に松村会頭が会長(任期2年)に就任し、事務局は柏崎商工会議所内。

 市民プラザで開いた総会には国、電力事業者らを含め約100人が出席。松村会長は「発電所や関連施設の皆さんと町づくりの観点から対応を図りたい。企業が難しいこの時こそ、地域の活性化を図らなければならない」と呼び掛けた。来賓の会田市長は「地域産業界の声が国の支援措置を充実させてきた。地域発展にかける思いは同じ。意見交換の場を持つことは意義がある」とし、品田・刈羽村長は「産業のことをよくご存じの皆さんが果たす役割は大きい」と述べた。

(2006/ 7/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。