PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
柏崎翔洋で「クジラ博士の出張授業」

 市内北園町、柏崎翔洋中等教育学校(坂井福作校長)の1年生(82人)が7日、日本鯨類研究所と朝日小学生新聞・朝日中学生ウイークリーによる総合学習「クジラについて学ぼう―クジラ博士の出張授業」を受けた。クジラの実物大シートで大きさを体感し、機械を使って音の実験にも取り組み、クジラに対する知識を深めた。

 出張授業は、同研究所などが全国の希望校を募集し、翔洋は30カ校の中に選ばれた。約90分にわたる授業の最初に、講師の大谷誠司・同研究所主任研究員は「クジラは漢字で書くと、なぜ魚へんに京と書くのか」と質問を投げ掛け、生徒たちの関心をひいた。

 大谷研究員はクジラの名前、生態、クジラと魚の違いなどを説明し、「クジラはカタクチイワシ、スケソウダラなど1日に体重の約4%のえさを食べている」と話した。体育館に24メートルのシロナガスクジラの幕を広げると、生徒らは「すごく大きい」と驚いた。耳からではなく、あごの骨に伝わる振動で音が聞こえる実験も行い、クジラの気分を味わった。

(2006/ 7/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。