PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
県が道路通行規制の雨量基準を強化

 土砂災害からの安全確保を図るため、県はこのほど、道路を事前通行規制(全面通行止め)にする際の雨量基準を見直した。県柏崎地域振興局管内でも中越地震で揺れの大きかった地域で、時間雨量の基準数値を新たに設定するとともに、連続雨量の基準を強化した。

 中越地震、豪雨、豪雪と県内で災害が多発するのを受け、泉田知事は今年4月、「人命第一の対応を」という方針を発表。県土砂崩れ安全対策委員会が開催され、中越地震で被害の大きかった地域を中心に、道路を事前通行規制にする場合の雨量基準の見直し、警戒パトロールの強化が決まった。

 県によると、中越地震で震度6弱を観測した地域を中心に、地質などにより土砂崩れを起こしやすい不安定な場所が多く残っており、柏崎地域では北条・中鯖石地区の八石山の周辺、南鯖石地区から旧高柳町にかけての鯖石川沿いが基準見直しのエリアとなった。

 対象路線は、県道田代小国線(石川峠)、主要地方道柿崎小国線(田島峠)、主要地方道小千谷大沢線(市内大沢―長岡市小国町)、県道山中上野線(市内高柳町山中―十日町市)、県道松代岡野町線(市内高柳町岡野町―栃ケ原)の5路線。通行止めの基準として新たに、時間雨量30ミリを設定し、これまで140ミリだった連続雨量基準を100ミリに強化。また、連続雨量が50ミリに達した時点で、区域内の土砂崩れ警戒パトロールを行う。

(2006/ 7/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。