PHOTOニュース

シニアコースで取り組んだ縁起物・八丁紙作り。受講者が器用にカッター を使い、完成させた=7日、市民プラザ (2023/12/09)


手作りそば、おにぎり、かき揚げなどがずらりと並んだ「田んぼの分校」 収穫祭=別俣コミセン (2023/12/08)


地域ごとに個性的な双体道祖神が並んだ県石仏の会創立30周年記念写真展 「寄り添う神に誘われて」=市立博物館 (2023/12/06)

>>過去記事一覧
柏崎総合高でバラ園造り進む

 柏崎総合高(大滝則雄校長)で生徒が取り組むバラ園復活はこのほど苗植えが終わり、8月のプロジェクト発表北信越大会に向け、作業が進んでいる。

 旧バラ園の母体は1962年、同校の前身である柏農の創立50周年記念庭園として整備され、77年完成の第2体育館の敷地となって取り壊された。昨年度のプロジェクト研究発表で現3年生がミニ庭園造りから復活を目指し、県最優秀賞を受けた。

 今年度は環境工学系列の3年生と2年生が約80平方メートルを造成し、れんがを積んだ。苗は約30本植え、ツルバラを巻き付かせるアーチを設置。バラが育つまで花壇風にと、キンセンカ、マリーゴールドを植え、芝を張った。今後は中央にウッドチップを敷き、園路に石材を張り、ベンチを置く。今年度を第1期とし、継続で取り組む考えだ。構内通学路わきでは別のミニ庭園、花壇作りも進み、明るく彩られている。

(2006/ 7/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。